商品紹介 雑記

「残ったスープ固めるパウダー」と同等成分の商品でスープを可燃物に出す方法

2021年3月30日

カップラーメンのスープ(汁)の捨て方で迷ったことは誰もがあると思います。流しに捨てると汚れの原因になるし、トイレに流すのもあまり良くないし、かといって飲み干すのは健康上もっての他です。

実際に皆がそう思っているからか、日清&小林製薬のコラボで、「カップヌードル 残ったスープ固めるパウダー」付カップヌードルが限定販売されています(商品紹介はこちら)。

しかしながら、限定販売品な上、おまけ扱いであり、今後も継続的に購入できるとは限りません。また、日清以外の製品で使えるとも書いてありませんし、単品で購入出来ない様なので、本当に継続して使いたい製品だったとしても困ってしまいます。

この記事では、カップラーメンのスープを捨てるのに役立つ方法や商品を紹介します。

ラーメンのスープ処分問題

ラーメンは日本人の愛する食品の一つだと思います。スーパーに行けば必ず扱っていますし、カップラーメンも定番商品~季節商品まで様々取り揃えられています。毎週のようにラーメンを食べる人もいるでしょう。

ラーメンは非常においしいのですが、スープまで飲むと塩分過多になるということで、飲み干さない方も多いはず。自分も飲み干さない派です。ただ、こうなると、処分方法にだいぶ悩むことになります。

ちなみに、流しやトイレに油物を流してしまうと、排水管に油が蓄積して、長期的にはつまりの原因になるので、避けた方が良いとされています。ですから、油が多いラーメンのスープも流すべきではない…のですが、そうなると処分に困ってしまいます。

処分法1: ティッシュに吸わせて可燃ゴミ

一番安直には、ティッシュに吸わせて燃えるゴミに投入する方法です。この方法の場合、使い捨てのティッシュに吸わせることが多いと思いますが、花粉症の季節ならまだしも、普通の季節に、そこまで大量のティッシュがあるとは考えづらい、という問題があります。

かといって、新品のティッシュを使う、となると流石に勿体なさすぎるので、おすすめ出来ません。

処分法2: 高分子ポリマーを混ぜる【おすすめ】

ということで、他の選択肢として、高分子ポリマーを混ぜて固める、という方法をご紹介します。高分子ポリマーは、これは恐ろしいほど水を吸収します。1gで300mlの水を吸水し、生理食塩水であっても60ml程度吸収するとのこと。実際に自分も高分子ポリマーにメカ用の冷却水をしみこませ、廃棄したことがあります。この粉のどこにこの吸水力があるのかと驚く程吸った記憶があります。

ラーメンなどのスープの廃棄にも使えるのですが、汁の組成によっては、ちゃんと固まらないこともあるそうです。ただ、基本的には水なので、固るはずです。実際に日清の「残ったスープ固めるパウダー」は高分子ポリマーが主材料との情報をどこかで見ました。スープが入った容器に高分子ポリマーを入れ、混ぜてやれば固まりますからりますから、固めたあとは、カップ麺のカップごと可燃ゴミに入れればOKです。

それでは、以下で高分子ポリマーの液体を固める製品をおすすめ順にご紹介しましょう。

第1位:便利な凝固剤 コアプル ふりかけタイプ(100g入)

おすすめの第1位は、「コアプル ふりかけタイプ(100g入)」です。なぜこれがおすすめなのかというと、これは容器に入っているタイプで、「振りかけて使える」のでお手軽だからです。

高分子ポリマーの製品は「袋に入っているタイプ」「使いきりタイプ」が多いのです。前者であれば、「計量して入れる必要」がありますし、後者であれば「保存するのが面倒」という欠点があります。

しかし、本製品であれば、あらかじめケースに入っているので、使用するのも非常に容易というメリットがあります。

 

第2位:アズワン 吐しゃ物凝固剤(固めてポポイ)100g

おすすめの第2位は「アズワン 吐しゃ物凝固剤(固めてポポイ)100g」です。第1位と同様の高分子ポリマーですが、こちらは袋入りな代わりに安価なものになります。

製品名の通り、本来は吐しゃ物を固めるための物ですが、水分を固めるための物ですので、汁物にも使用することが出来ます。

他に容器がある場合の詰め替えや、値段を重視したい人に向いている製品です。

 

第3位:ゲロケア 嘔吐物処理剤 パウダータイプ

おすすめの第3位は「ゲロケア 嘔吐物処理剤 パウダータイプ」です。第2位と同じく、名前の通り、吐しゃ物処理用というのが元々の用途ですが、水分を固めることが出来るので、使用可能なのは同じです。

この商品のこれまでとの違いは、高分子ポリマーだけでなく、次亜塩素酸ナトリウムなどの消毒成分が入っており、消臭効果も期待出来る、という点です。1包30g入りですが、他の成分が入っていることも考えると、1回10g程度を使うとして、3回分程度までしか使えないと考えられますから、少々割高感があります。

他の製品を使って、匂いに悩まされたら使ってみても良いと思います。

 

第4位:コアプルEM(10包, 7g/包)

おすすめ第4位は第1位の個包装版で食添用殺菌剤を含む、「コアプル EM」です。1包7g入りなので、ほぼ一回で使い切ることになる分量だと思います。あまりカップラーメンは食べない一人暮らしの方なら、これで十分かもしれません。

 

実際の固まる様子について

コアプルが実際にどう固まるのか、youtubeに動画が上がっていたので、ご紹介します。しっかりと固まっていて、今回の用途にぴったりであることが確認できます。

注意点

念のための注意ですが、高分子ポリマーはその素材の性質上、排水管に流しては絶対にいけません。

廃棄の時は自治体の廃棄ルールに従って、破棄しましょう(多くの自治体は可燃物として良いはずです)。

おわりに

ラーメンのスープを含め、汁物を給水させることが出来る高分子ポリマーの製品を紹介しました。

ラーメンはおいしいのは良いのですが、どうしてもスープの捨て方がネックになって、中々食べられない人も多くいたと思います。高分子ポリマーで、吸着させて、可燃ごみに捨てる、という選択肢を今回紹介しました。

今回の商品が皆様のライフハックの一端になれば幸いです。

-商品紹介, 雑記

© 2022 もぐもぐアカデミー